無痛麻酔(痛みの極力少ない麻酔)と当院の考え方

当院では一般的に「無痛麻酔」と呼ばれている麻酔の方法で、患者様の緊張やストレスをできるだけ軽減するように努めております。

無痛麻酔の方法(できるだけ痛くない治療)

歯医者さんでの痛みの一つに「麻酔が痛い」とお考えの方も少なくないと思います。しかし現在では、その麻酔もなるべく痛みを軽減させる設備や材料が登場してきました。

歯ぐきに表面麻酔ジェルを塗布

表面麻酔ジェル

歯ぐきにあらかじめ、表面麻酔ジェルを塗ります。

これにより、まず歯ぐき表面の感覚が無くなり、注射の針のチクッとした刺激を出来るだけ軽減させます。

33ゲージの極細針

極細針

そして、注射に使う針は、なるべく細い物を使用します。当院では33ゲージと呼ばれる数値の極細針を使用。

一般的に医科の採血等で使われる注射針が20ゲージほど、この数値が高いほど針の先が細いので、33ゲージは如何に細いかがお分かりいただけるかと思います。

オーラスター自動麻酔注入器

オーラスター

極細針を自動麻酔注入器にセットして、麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入していきます。

これにより麻酔液の違和感や痛みを軽減します。コンピューター制御で機械的に注入しますので人の手で注入するより正確です。

治療に麻酔を使うかどうかも必ず選択していただきます

自動麻酔

これは、当院の診療方針の一つにもなりますが、麻酔をするかどうか、毎回患者様にお聞きし、必ず患者様と相談した上で使用するように徹底しています。

意外と思われるかもしれませんが、ご希望・ケースによっては麻酔を使用しない場合もたくさんあります。

麻酔をしないケース

  • しびれた感じが2~3時間残るのがどうしても嫌な方(だったらガマンしたい)
  • お子様で、治療後に口腔内の外傷の危険性が予想できる場合(噛んでしまう)

事前の麻酔について、ご不明な方はお問い合わせください。

このような麻酔方法を導入している歯科医院は、まだまだ限られていますので、痛みが苦手な方は事前にお問い合わせください。個人差がありますので100%無痛というわけにはいかないかもしれませんが、なるべく痛みやストレスのない治療を目指しております。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

0774-54-0111

平日9:30-12:30 / 15:00-20:00
土曜9:30-12:30 / 14:30-17:00
日・祝休診

  • アクセス・地図
  • 予約・お問い合わせ

診療時間表
▽土曜午後は14:30~17時まで

地図

JR奈良線「城陽駅」西へ徒歩2分
近鉄京都線「寺田駅」東へ徒歩10分

お車の方は医院前に駐車場8台完備。
〒610-0121 京都府城陽市寺田高田23−28